Cad – Wikipédia bitcoin 2048

CADAM な ど 初期 の 製 図 シ ス テ ム は 汎 用 機 に 接 続 さ れ, 1280 × 1024 画素 程度 の 表示 能力 を 備 え た エ ン ジ ニ ア リ ン グ ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン を 必要 と し た が, や が て 横 640 × 縦 480 画素 程度 の 表示 能力 の MS-DOS パ ソ コ ン に対 応 し た 廉 価 な 機械 系, 建築 系 CAD ソ フ ト が 続 々 と 登場 し, 一定 の マ ー ケ ッ ト を 獲得 す る こ と に 成功 し た. そ れ ら の ソ フ ト は そ の 後 de Windows 版 と な り, さ ら に 3 次 元 処理 機能 な ど を 加 え 現在 に 至 っ て い る. Vector お Macintosh で 動作 す る は は は, VectorWorks な ど 種類 が 少 い い い い は は に に に に に に に に に に に に に に に に に に に に に に IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編 編.

内部 的 に デ ー タ が 2 次 元 (x, y) {\ displaystyle (x, y)} で 表現 さ れ て い る も の を 2 次 元 CAD (2DCAD) と 呼 び, 表示 上 で は, 立体 を 正面 図 · 側面 図 · 平面図 等 の 平面 図 形 と し て 表示 · 操作 す る. 内部 的 に デ ー タ を 3 次 元 (x, y, z) {\ displaystyle (x, y, z)} で 表現 す る も の を 3 次 元 と 呼 び CAD (3DCAD),デ ィ ス プ レ イ モ ニ タ ー な ど の 表示 デ バ イ ス で 陰影 な ど を 付 け, 3 次 元 的 に 表示 · 操作 す る. 内部 的 に は 2 次 元 プ ラ ス 高 さ 情報 で 表現 さ れ て, 表示 上 3 次 元 CAD に 似 た 表示 を す る も の を 2,5 D (ま た は 2 + 1/2 次 元) と 呼 ぶ 場合 が あ る.

一般 的 な 2 次 元 グ ラ フ ィ ッ ク ソ フ ト ウ ェ ア の デ ー タ を 大 別 す る と, 主 に 線 分 要素 で 表示 す る ベ ク ト ル デ ー タ (ベ ク タ 形式) と, ビ ッ ト マ ッ プ 画像 で 表示 す る ラ ス タ 形式 と に 分 け る こ と が で き る. 作 図 ソ フ ト と し て の 2次 元 CAD で は, ご く 簡易 な も の を 除 い て ベ ク ト ル デ ー タ に よ る. ベ ク ト ル デ ー タ は, 2 次 元 で は 始 点 か ら 終点 を 示 す (xbegin, ybegin) → (xend, YEND) {\ displaystyle (x _ {\ mathrm {commencer}} , y _ {\ mathrm {commencent}}) \ rightarrow (x _ {\ mathrm {end}}, y _ {\ mathrm {end}})}, 3 次 元 で は (xbegin, ybegin, zbegin) → (xend, YEND, zend ) {\ displaystyle (x _ {\ mathrm {début}}, y _ {\ mathrm {début}}, z _ {mathrm {début}}) \ rightarrow (x _ {\ mathrm {end}}, y _ {\ mathrm {end} }}, z _ {\ mathrm {end}})} の よ な 座標 値 値 で で を 表現 表現 す る.


近年 BIM (Building Information Modeling) と い う 概念 が 登場 し, 3 次 元 モ デ ル を 建 物 の 設計 · 工程 · ラ イ フ サ イ ク ル 全 般 に わ た っ て 活用 す る 取 り 組 み が 各国 で 始 ま っ て い る .Nemetschek Vectorworks 社 の Vectorworks Architecte, Bentley 社 の AECOsim (旧Bentley Architecture), の ー ト の の の の の の, グ の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の り り り り り り り り り り り り り り り.

一方, モ デ リ ン グ 化 し た も の ​​を 一旦 立 面 図 や 矩 計 図 な ど に 図 面 化 し て し ま う と, 設計 変 更 等 で 各 図 面上 で 再 編 集 を し て も 元 の 3 次 元 モ デ ル に 反映 し な い 不 完全 な 製品 も多 い. こ れ は 3 次 元 モ デ ル か ら 2 次 元 の 図 面 に 変 換 さ れ る 際 に ベ ク ト ル デ ー タ に 分解 さ れ, 元 の 3 次 元 デ ー タ と の リ ン ク が 切 れ て し ま う た め で あ る. こ れ ら の 製品 を 使用 す る 場合, 図 面 ご とCommentaire de: Jw_cad, の相互 連 動 」に 対 応 し て い る の は, 福井 コ ン ピ ュ ー タ 社 の ARCHITREND Z, ス ー パ ー ソ フ ト ウ ェ ア 社 の「SuperSoft」II が あ る. 建築 設備 用 CAD [編 集]

般 に に に 用 用 用 用 用 用 の の の の の の が が, 建築 設備 と い 門 門 門 門 た た 用 用 用 用 用 用 用 用 基本 基本 基本 基本 基本 て は は 部 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線 配線す る 線 種 が 標準 登録 さ れ て お り, 配置 · ル ー ト の 変 更 な ど を 容易 に 行 な う こ と が で き る な ど, さ ま ざ ま な 機能 を 有 し て い る. 国内 で 圧 倒 的 シ ェ ア [要 出典] を 誇 る CADWe’ll CAPE,後 継 バ ー ジ ョ ン の CADWe’ll TFAS (株式会社 ダ イ テ ッ ク) が 有名 で あ る. 他 に は CADEWA Real / CRAFT-CAD (株式会社 四 電工), Rebro (株式会社 NYK シ ス テ ム ズ), DesignDraft (株式会社 シ ス プ ロ), FILDER_PLUS / filder Rise (ダ イ キ ン 工業), BrainGear (株式会社 ジ オ プ ラ ン), EQ-II (株式会社 マ イ ィ ネ ッ), POWERSP (株式会社 コ モ ダ), CustomARCH / i / Draft (株式会社 ラ イ / グ グ グ,), SD-7 な ど もあ る. 作 図 す る 図 面 種類 に よ り シ ェ ア が 異 な り, 空調 · 給 排水 (衛生), 電 気 設備 の 施工 図 で は 上述 の CADWe’ll CAP / TFAS, 設計 図 で は AutoCAD が 主流 と な っ て い る. ま た 2009 年前 後 よ りBIM (英: modélisation des informations de construction) に 注目 が 集 ま り, 建築 用 CAD (意匠, 構造) に 加 え, 設備 用 CAD に も BIM へ の 対 応 が 求 め ら れ て い る 服飾 デ ザ イ ン 用 CAD (ア パ レ ル CAD) [編 集].

当初 は 型 紙 作成 用 の CAO 2D が 多 か っ た が, そ の 後, フ ィ ッ テ ィ ン グ や 布 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン に 対 応 す る 3D 対 応 CAD が 登場 し た .3D 対 応 の も の は, Technoa 社 の i-Designer, Browzwear 社 の V-piqueuse, OptiTex社 の O / DEV, Lectra 社 の Modaris 3D Fit, CLO mode virtuel 社 の CLO 3D, Centre Vêtements numérique 社 の DC Suite, 東 レ ACS の modèle 3D magic な ど が 存在 す る. ま た, CLO 3D の OEM 製品 に, Audacesの の Audaces 3D や ユ カ ア ン ド ド の の の の の の の の の の の の の の の る 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用 用